FC2ブログ

記事一覧

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ②

この記事は「2017.8.4 at 渋谷 ①」の続きです。





六本木のドン・キホーテあたりで2人のPUAがタクシーから降りた。


hina☆「腹が減ったから、飯を食えてナンパが出来るところに行こう!」


Pino☆「だったら、HUBしかないな(笑)」

2人のPUAは、六本木のHUBへと向かった。











六本木のHUBの店内も渋谷のHUBと同じく、ターゲットプアだった。

hina☆がフードを注文し、それを食べ終わるのを静かに待った。

Pino☆は、昨日の朝6時から起きている。

無駄に体力を消費しない為にも、省エネモードになる必要があった。










hina☆「あれに声をかけたい。」

の目線の先には、レベル6レベル72人組の案件がいた。

彼女達は、カウンターで横並びに立ちながら談笑している。











Pino☆「あれか。お前がオープンして、3分後に俺が加わるよ!」



hina☆「3分は、長過ぎる(笑)」



Pino☆「大丈夫だよ(笑) 『ESP』、『キューブテスト』、『親友テスト』があるじゃん?」



hina☆「『親友テスト』は、使いこなせない。 オープナーは、『お葬式帰り?』でいいかな?」



Pino☆「あ、良いんじゃない?『お葬式帰り?』でスルーされたら…

『で、どっちが彼氏にフラれたの?え、そういう話じゃなかった?』とかでいいよ。

てか、なんでもいいよ(笑)

俺を指差して『あそこにいる兄貴(Pino☆)にナンパしてこいって言われた』でもいいし…」



hina☆Pick Upの戦術に関して議論している時間が楽しかった。







は、少し考えてから2人組の案件をオープンする為に席を立った。


1人でオープン出来るようになるということが、

今日の最重要課題
だ。









2分ぐらい経って、彼がPino☆のところへと戻ってきた。

Pino☆「早いな?連絡先交換したの?」



hina☆「してない。右側の(案件の)反応はいいけど、左側の(案件の)反応が良くない。ずっと携帯を弄ってる。」



Pino☆「フレームの問題だろ。 女の態度は、気にするなよ。

全て「クソテスト」だ。

『ESP』と『キューブテスト』は、使ったの?」




hina☆「使ってない(笑)」



Pino☆「じゃあ、もう1回、話しかけてこいよ?(笑)」



hina☆「え?このタイミングで?」


Pino☆「1回、トイレに行ってから、戻ってくるタイミングで(案件に)声かけたら良いよ!」



hina☆「でも、もう『兄貴連れてくる』って言っちゃった(笑)』



Pino☆「え、マジ?(笑)」



hina☆「うん(笑)」



Pino☆「左側(の案件)は、俺が対応するよ。」








Pino☆とhina☆は、2人組の案件に声をかけた。

Pino☆が2人組の間に開いているわずかなスペースに強引に身体をねじ込み、物理的にセパレートする。


左から案件(レベル6)Pino☆案件(レベル7)hina☆というポジションをとった。

左側の案件(レベル6)反応は、想像していたよりも悪くなかった。

確かにずっと携帯を弄っているが、普通に会話になる。

ガンシカを経験してきたことのあるPino☆からすれば、比較的イージーな対戦相手だ。

だが、Pino☆が今やるべきことは、彼女(レベル6)を惹きつけることではない。

彼女(レベル6)と可能な限り、会話を続けて、hina☆レベル7の案件と連絡先を交換する為の時間を作ることだ。



案件を本気で惹きつけるなら…

あまり時間は、必要ない。

むしろ、時間をかけないほうがいい。








Pino☆は、あらゆる方法で彼女(レベル6)との会話を出来るだけ長引かせようとした。

このセットは、hina☆のものだ。

Pino☆は、の為に最大限の労力を費やした。







結果、無事にhina☆は、レベル7という極めて魅力的な案件の連絡先を手に入れることに成功した。

Pino☆は、嬉しかった。

店内において最高レベルの案件の連絡先を手に入れた2人のPUAは、六本木の地上へと続く階段を登り、HUBを退店した。







ロアビル前でhina☆が言った。

V2に行こう!」

Pino☆は、少し渋った。

金曜日のV2は、土曜日と比べるとターゲットリッチ(案件が多数いる状況)とは言えない。

そして、今からV2にすぐに入るには、エントランス(入場料)が1人あたり7,000円もかかるからだ。

Pino☆は、金曜日のV2に7,000円の価値がないことを知っていた。








ただ、今日は、hina☆の為に動いている。

hina☆が行きたいと言うなら、それに賛同するのがウィングの役目だ。

2人のPUAは、7,000円を支払い、V2へと入場する。




「2017.8.4 at 渋谷→六本木 ③」へと続く…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: