FC2ブログ

記事一覧

2017.7.22 at 渋谷 2 - ③

この記事は、「2017.7.22 at 渋谷 2 - ②」の続きです。






Pino☆は、HUBに戻り案件AとのGAMEをスタートさせる。

Pino☆「お待たせ。ここだと騒がしいからあっちで飲もうよ!」

案件A「はい。」


4人でグループトークをした場所から移動して、横並びに座れるスペースへと移動する。









まずは、ルーティンを使用する。

ESP」は、連絡先を交換する時に使用しているので…

キューブテスト

なかなかのウケだった。











続いて

「恋愛遍歴引き出しルーティン」



彼女は、元彼と別れた理由を簡単に説明してくれた。

その理由は、元彼がやたらに彼女と会いたがる性格で、疲れてしまったらしい。









Pino☆も似たような経験がある。

「LTR」(Long Term Relationship : 長期的な友好関係) = 「セックスフレンド」からの
「会いたい」という要求に疲れてしまった時期があった。


Pino☆が「LTR」と会いたくなかった理由は、単純に他の女性とSEXがしたかったからだ。(笑)








案件Aに限って、絶対にそれ(色んな男性と遊びたいという理由)はない。

彼女真面目だということは、話した感じから十分に伝わってくる。

きっと、彼女が元彼と会いたくなかった理由は、仕事など恋愛と別のことに集中したかったからだ。

Pino☆は、頭の中で推測した。

彼女に直接、尋ねることも出来たが、それをしなかった。













続いて

SNOWルーティン

を使用する。

彼女は、SNOWアプリをダウンロードしていなかったので別のアプリで代用した。

これは、あまり盛り上がらなかった。











Pino☆は、自分が「ACSモデル」のどの位置にいるか判断出来なかった。

今日、案件AがHUBに来たということで、おそらく「Aフェーズ」はクリアしている。


だが、Pino☆は、案件Aに対して

「クラブに行こうよ!」

と誘っていた。




つまり、高い段階(レベル)で「Aフェーズ」をクリアしてるとは、
言い切れない。


なぜなら、クラブに行く場合、23時からのアポは、普通だからだ。


「Aフェーズ」を低いレベルでクリアしている可能性が少しでもある場合「Aフェーズ」と「Cフェーズ」を同時進行する必要があった。


Pino☆は、案件Aに対して「DHV」を提示する方法を考えていた。















彼女と話している間、さまざまな人がPino☆に話しかけてきた。

HUBでは、非常によくあることだ。

Pino☆は、その全てを快く受け入れた。



目的は、「高い社交性」という「DHV」を案件Aに見せつける為だ。




彼らみんなが、Pino☆の外見を褒めて、次に案件Aの外見を褒める。

次にPino☆案件Aはどういう関係なのかを尋ねてきた。

それは、まるでルーティンのようであった。








話しかけてきた一人の男性が言った。

男性「2人はどういう関係?」

Pino☆「友達だよ!前にここで声かけて友達になった!今日は、俺が彼女を呼んだんだよ。」

男性「彼女(案件A)は、なんで彼(Pino☆)に誘われて、今日ここにきたの?」

案件A「なんとなく… 誘われたから行ってみようかなって…」








彼女「なんとなく…」という発言を聞いてPino☆は、ある言葉を思い出した。



「Atraction is not a choice」= 「魅了は選べない。」




David DeAngelo(Eben Pagan)の言葉だ。


人間は、感情によって行動へと動機づけられる。

理由は、その決定を事後的に正当化するための方便でしかない。

合理的な熟慮を得て「魅了されること」を決定しているのではない。


魅了は選べない。










案件Aがアポに来た理由を

「クラブに行ってみたかったから

「クラブに行ったことがなかったから

などと言わず、

なんとなく… (Pino☆に)誘われたから行ってみようかなって…」

と答えたことにより

案件Aが高いレベルでPino☆に惹きつけられていること = 「Aフェーズ」が適切に実行されていることが判断出来た。




Pino☆は、「Aフェーズ」と「Cフェーズ」を同時進行するプランから、

「Cフェーズ」のみを実行するプランに変更してGAMEを進めることにする。








「2017.7.22 at 渋谷 2 - ④」へ続く…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: