FC2ブログ

記事一覧

2017.7.22 at 渋谷 ③

この記事は「2017.7.22 at 渋谷 ②」の続きです。






Pino☆と彼女(案件)は、コンビニで煙草を購入してAirbnbに戻った。

先ほどのシャンパンを飲み直すことにする。


Pino☆「乾杯!!」

キャバ嬢「乾杯!!」








Pino☆は、まだ、主体的に彼女(案件)に「好意があるということ」を伝えていなかった。

「主体的」であるということ。
・彼女(案件)に「好意があるということ」を言葉で伝えること。

この2つの作業が、このGAMEを「ソリッドゲーム」にする為に必要不可欠だった。


















特に中身のない会話を15分程度展開させてから、仕掛けた。

Pino「◯◯ちゃんのこと、最初に声かけた時は、そこらへんにいる女の子だと思ってた。
でも、今は一緒にいると、なんだかドキドキするよ。」


キャバ嬢「え…ありがとう(笑)」


Pino☆は、彼女が煙草を吸い終えたタイミングでキスをする。

嫌がる素振りがないので、ベッドに押し倒す。



キャバ嬢「生理だよ?」

Pino☆「関係ないよ」


彼女の口を塞ぐ為に丁寧にキスをして、耳、首筋、乳首、臍、太ももへと舌を這わせた。

黒いTバックのパンツを脱がしてみると、血が全く出ていなかったのでクンニをする。





無臭だった。

彼女(案件)をクンニだけで5回ほど、イかせてから挿入する。

さらに、挿入を途中で止めて、2回ほどクンニでイかせる。



キャバ嬢「ダメだよ… もう、死んじゃう…」














Pino☆は、彼女(案件)の過去の恋愛遍歴から、男性経験がかなり多いことが簡単に想像出来た。

つまり…

彼女を「LTR」(Long Term Relationship : 長期的な友好関係) = セックスフレンドにするには、

SEXでも「DHV」を提示しなければならない。


= 彼女(案件)を徹底的にイかせまくる必要があったのだ。











Pino☆の下で両脚を広げている彼女(案件)がいる。

その彼女とSEXする為に

今まで、何十万、何百万という大金をはたいてキャバクラに通い詰めたが、

結局、彼女とSEX出来なかった男性が大勢いることを想像すると…


その景色は、とても美しかった。


準即達成。








彼女(案件)とは、翌日の16時頃に解散した。

このブログを書いている今も彼女と連絡がとれていてる。

「ソリッドゲーム」が組めていたということだ。

純粋に嬉しかった。









だが、そろそろ「違う戦い方」を勉強しなくてはいけないと考えていた。


PUAとして成長する為に…



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: