FC2ブログ

記事一覧

2017.7.8 at 渋谷 ④

この記事は「2017.7.8 at 渋谷 ③」の続きです。





Pino☆は、恵比寿にあるAirbnbに入室し、すぐに少しだけ崩れた髪型を整えた。


次に歯を磨き、新しいTシャツに着替えて、香水をつけ直す。

「PUAは常に最高の身だしなみでなければならない。」



部屋に間接照明を灯して、SEXに最適な雰囲気を演出する。






インターホンが案件Bが到着したことを知らせる。

案件Bを部屋に迎え入れ、ベッドに座らせる。

冷蔵庫から冷えたアルコールを取り出し案件BとのGAMEをスタートさせる。









連絡先を交換した時に「ESP」を使用していたので…

キューブテスト

「snowルーティン」


を使用する。

まずまずのウケだった。









Pino☆は、頭の中で自分が置かれている状況を冷静に分析する。



案件Bは、深夜に1人で男(Pino☆)の家(事務所)に来た。

ACSモデル」の「Aフェーズ」が適切に実行されていることだ。






つまり…

Pino☆は、「Cフェーズ」を実行すればいい。

「Cフェーズ」は、案件との信頼関係や和みを構築するフェーズで、基本的に聞き手に回るのが失敗しない戦い方だ。








ただ、案件Bのつまらないであろう話を聞いてダラダラと時間を過ごしたくなったし、

案件B「LTR」(LongTerm Relationship : 長期的な友好関係) = セックスフレンドにしたいわけではなかったので「ソリッドゲーム」を組む必要がなかった。









「ACSモデル」は、「ソリッドゲーム」を組む為に存在するマニュアルだ。


「ソリッドゲーム」を組めば案件を「LTR」(LongTerm Relationship : 長期的な友好関係) = セックスフレンドに出来る。


「Aフェーズ」が実行されていれば、「Cフェーズ」を実行しなくてもSEX(One Night Love)が出来るだろうPino☆は、考えている。







Pino☆は、聞き手に回らずに案件Bの感情を揺さぶることにした。


「実験」だった。

どうなるかわからない。

案件BSEXが出来ないかもしれない。

だが、PUAとして成長する為にあらゆることに挑戦する必要があった。













Pino☆「俺のどこがいいの?」※①

※①案件Bが深夜に1人で男(Pino☆)の家に来たという事実から踏み込んだ質問をする。



案件B「…なんとなく惹かれる。

逆にあたしのどこがいいの?」



Pino☆「◯◯ちゃんのガードが堅いところが素敵だと思う。

ナンパされてもあまりLINEとか教えたりしないでしょ?」
※②



※②案件Bと連絡先を交換した時、彼女がAirbnbに入室してからの振る舞いから男性経験が少ないことが感じとれた。

案件Bのルックスで男性経験が少ないということ=「ガードが堅い」と推測して質問をする。



案件B「え、どうしてわかるの?」



Pino☆「それくらいわかるよ。

今日は、なんだか寂しかったの?」
※③


※③:案件Bから突然「なにしてるの?」と連絡が来たという事実から、なにかあったのだろうと考えた。

人が人に会いたくなる理由は、きっと寂しいからだろうと推測して質問をする。




案件B「よくわかったね。

なにか心理学でもやってるの?」



Pino☆「◯◯ちゃんとフィーリングが合うんだよ」





Pino☆は、案件Bを抱き寄せて頭を撫でた。

Pino☆「シャンプー、何使ってるの?」

その質問に答えようとして案件Bこちらを向いたときにキスをする。

「シャンプールーティン」



丁寧にキスをした後にキスをやめる。

頭を撫でて、彼女を優しく見つめる。

焦ってはいけない。








Pino☆「今日のことは、すべて俺のせいにしていいよ。

◯◯ちゃんが、ガードが堅いの知ってるから」



そう言って、またキスをする。

キスをしながら身体に触れるか触れないかぐらいの微妙なタッチで愛撫をする。

ゆっくりと服を脱がす…

準即達成。






朝、起きてからもう一度、彼女を抱いたが、案件Bをイかせることが出来なかった。

朝の10時くらいまで一緒に過ごして、解散した。










その後、案件Bから2~3通LINEが来たが連絡がとれなくなってしまった。


やはり…


もう少し時間をかけて丁寧に「Cフェーズ」を構築するか、

SEXでイかせまくらなければ、「LTR」(LongTerm Relationship : 長期的な友好関係) = セックスフレンドに出来ないのだろう。









貴重な実験結果が得られたことが嬉しかったが…

SEXした相手との連絡が途絶えてしまうというのが、なんだか悲しかった。


彼女のことは、好きでもなんでもない。

だが、悲しかった。

SEXした女性に拒絶されてしまったという事実が、Pino☆のPUAとしてのプライドを少しだけ傷つけたような気がした。





案件BとのGAMEに勝利した。

だが、試合内容が美しくなかった。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: