記事一覧

2017.7.7 at 渋谷 ⑤

この記事は「2017.7.7 at 渋谷 ④」の続きです。




案件CとAirbnbに入室する。


事前に部屋の間接照明とBGMは、SEXに最適な雰囲気に設定してある。

冷蔵庫からシャンパンを取り出し、乾杯をする。

HUBで案件Cが寒がりだということがわかったので、ブランケットを渡す。

下心は、直前まで見せてはいけない。




少し案件Cと会話した後、1人でバルコニーに出て煙草に火をつける。



自分自身が、どのような状況下にいるか判断しなければならない。


「Aフェーズ」→ 案件Cとのアポが実現した時点でクリアしている。

「Cフェーズ」→ 4人でHUBで盛り上がったことでクリアしている。

「Sフェーズ」→ 案件CとAirbnbに入室した時点でクリアしている。


後はキスをするだけだ。





部屋に中に入り、彼女にキスをする。

内腿に舌を這わせる。

「ダメだよ~」

とは言いつつも、本気で嫌がっている素ぶりではなく、Pino☆が彼女パンツを脱がそうとすると腰を浮かせてきた。


形式グダ。





それもそうだ。

案件Cは、ガード堅い。

SEXする気がなければ、そもそも男の部屋に入ったりしないだろう。

準即達成。

少し一緒に寝て、朝から仕事のある案件Cをタクシーに乗せて帰宅させる。








彼女は、Pino☆が今まで見てきた女性の中でも、とりわけて貞操観念の強い女性だった。

しかし、彼女貞操観念の強さを唯一、否定してしまう存在がPino☆になってしまった。

PUAとしては、嬉しかったが、一人の男としてなんだか悲しかった。









時刻は、まだ4時半だ。

部屋を少しだけ片付け、hina☆に連絡をする。

hina☆がまだ1人なら渋谷のクラブ帰りの案件を狙おうと思っていた。

hina☆と合流し、声かけを繰り返すも、連れ出すことが出来ずに終わった。




【反省点】

今回の反省点は、久しぶりのコンビでのピックアップだったので、お互いに意思の疎通があまり図れていなかった点だ。


10分ごとにLINEを送信し、お互いが担当する案件との進行状況を確認するなどの明確なルールが必要だと感じた。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
47位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: