FC2ブログ

記事一覧

2017.6.26 at 六本木 ①

2017.6.26 at 六本木 22:30



本日は、数日前に六本木のストリートで連絡先を交換した女性とのアポだった。

彼女のルックスのレベルは5~6くらい。




醸し出す雰囲気から、「安くない女性」だということが理解出来た。

ストリートで連絡先を交換した時、ほとんど会話が出来なかったので、彼女からの返信はないかと思っていた。




しかし、翌日の昼頃に彼女からLINEが届き、すぐに

「電話したい」

と言われる。

「10分くらいなら」(「偽りの時間制限」)

と言って彼女からの要求を承認する。


電話では、コッキー(生意気な態度)に振る舞いつつも、彼女からの質問に対してユーモアを交えて解答する。
=「PUAは質問に答えない



電話を始めて数分後、彼女から

「今から会えない?」


と打診を受ける。



Pino☆は、自分の価値を高める為にIOIを示しつつも、彼女と会うことを拒否し、通話を終了してLINEを続ける。






電話から得られた案件の情報は、

彼女は、大阪から東京に遊びに来ていて、六本木にあるAirbnbに27日まで滞在している。

18歳から夜の仕事を経験し、現在の年齢は26歳。

という2つのことだった。






彼女のLINEは、とても質問が多かった。

案件からの質問が多いということは、それだけ惹きつけているということだ。

逆に、案件に対して質問を重ねることは、「君に興味がある」=「IOI」ということを伝えることになる。







女性「Pino☆くんがなんで私に声かけたかわからん。
ビッチっぽい?やれそうやったから?」
(クソテスト)



Pino☆「今、声をかけないともうチャンスがない気がしたから。」(IOI)


女性「それ、名台詞?おきまりの。」


Pino☆「女性の外見だけでSEXしたいとは思わないけど…

俺のことそういう目で見てるの?

◯◯ちゃんがそんな子って知って少しがっかり。

俺は、君が一途で堅い女の子でナンパとかは相手にしなさそうだってわかったから声をかけたのに…」



彼女がPino☆に対して失礼な発言をしたので、彼女に対する興味のレベルが下がったことを伝える。



女性「なんてゆうか、そうゆう風に見られることが多いからさ、あなたもそうなのかなと思って。

ごめんね。なんか。」



Pino☆ 「こういう時にちゃんと謝れるって大事だよね。

◯◯ちゃんはしっかりしてる。

なかなか出来ない子が多いよ。」



彼女が素直に謝罪してきたので、その態度を賞賛する。



女性「いやいや、私はしっかりしてないよ、怠け者だし。

ただほんまに思ってること言いたかっただけやねん、失礼なこと言ってごめんね。」








高級クラブのホステスや、高級店のキャバ嬢。

いわゆる水商売経験者ほど、たくさんの男を見てきている。

だからこそ、強い男に惹かれる。

強さとは、喧嘩が強いとかそういうことではなく…


つまり…

「女性に媚びない姿勢」

「自信と余裕」

といった部類のものだ。






Pino☆は、彼女とのLINEを続けながらも簡単に会わない姿勢を貫いた。


別に本心から彼女に会いたくなかった訳ではなく、そういうふうに振る舞うことにより「簡単には会うことの出来ない男」という自らの希少価値を高める為だ。






待ち合わせ場所にやってきた彼女は、Pino☆のあまり好みではない服装をしていた。

迷わず六本木のHUBを選択する。


平日の店内は、驚くほど人が少なかった。






自分と彼女のドリンクを購入してGAMEを開始する。



まずはルーティンを使用する。


ESP

キューブテスト



しかし、彼女は「キューブテスト」を拒否した。







今まで「キューブテスト」を拒否する案件はいなかったので、Pino☆は少しだけ焦りを感じた。


しかし、アポが成立しているということは「Aフェーズ」が適切に実行されているということだ。


そう考えると「キューブテスト」の拒否は、なにも問題ではないように思えた。


案件がPino☆の思惑通りに動かなかったとしてもそれは、大した問題でない。


諦めるのは、誰にでも出来ることだ。







そんなことを考えながら

「snowルーティン」

を仕掛ける。

このルーティンは、成功だ。






ふと、彼女の左腕を見ると高級時計のHUBLOTがはめられていた。

よく見ると、鞄やスニーカーまでもが高級ブランドのものだった。




今までの案件で、これほどまでにファッションに金がかかっている女性はいなかった。

彼女は、何者なのだろう?





Pino☆は、基本的に女性と連絡先を交換する時に相手の個人情報に関しての質問はしない。

それは、他者との差別化の為だ。


だから、今も彼女の職業を尋ねるというくだらない質問はしない。


もちろん、HUBLOTについても質問をしたりしないスタイルを貫く。





「2017.6.26 at 六本木②」へ続く…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: