FC2ブログ

記事一覧

「ネグ」

「ネグ」




【解説】

「ネグ」とは...

「neglect」: (~を) 無視する、軽視する、見過ごす

「negate」 : (~を) 否定[否認]する、打ち消す

が語源になり、簡単に説明すると、

侮辱的でない発言や行動によって

相対的に女性の格を下げるテクニック。





女性を意図的に無視するノーアテンション」や、

女性を積極的に批判することも「ネグ」の一種となる。











【「ネグ」を使用する理由】

Attraction フェーズ」(「ACSモデル」)において、

「ネグ」を使用して、女性の格を下げることにより

主導権を握りやすくなる。




ほとんどの女性が自分よりも格上の男性に惹かれる為、

「ネグ」を使用することが「高い価値」を提示する。





また「単なるナンパ志願者」の多くが、

女性に対して、自分をよく見せようとする。



「ネグ」を使用することで、

「この男は、私にいい印象を与えようとしていない。

なぜ、いい印象を与えようとしないのだろう?」


と女性の好奇心を刺激することが出来る。











【「ネグ」のタイプ解説】





「ショットガンネグ」


PUA「うわ、あの子おしゃべりだね

PUA「あの子を黙らせるボタンはどこかな?



というように、

ターゲットの女性に興味がないこと

=「IOD」(Indicator Of Disinterest:脈なしサイン)

をグループ全体に伝える為のもの。





その女性を恋愛対象と考えていない、

その女性に興味がないという態度は、

女性やグループ全体の敵意を和らげる効果がある。

≒ 「偽りの相性最悪




「ショットガンネグ」は、無欲な態度を伝え、

DHV」を示すことが出来る。













「ティーズネグ」


PUA「いくら綺麗に着飾っても、君を連れて歩くのはちょっとな…(笑)

PUA「俺に迷惑かけないでね?(笑)


というような、ターゲットの女性を馬鹿にすることで

楽しんでいる態度を示す「ネグ」。




女性をバカにしたり、ふざけて楽しんでいる態度をとることは、

自信があり、他人から影響を受けず、

場を支配していることを示すので「DHV」になる。



「ティースネグ」は、グループ全体、

あるいは案件に直接使用しても問題ない。













「スナイパーネグ」


PUA「ねぇ、目やについてるよ

PUA「なんか、手のひらが汗ばんでない?



などと、ターゲットの女性にのみ聞こえるように言って、

「実際に気分が悪くなった」

「なんかガッカリした」


ということをほのめかす「ネグ」。



この時、女性が 「低い価値」を示したということを

本気で信じさせることが重要。



この「スナイパーネグ」により、案件は気恥ずかしくなり、

自分が良い印象を持たれていないと思うようになり、

その後の会話で案件を褒めた時に受け入れられやすくなる。




「スナイパーネグ」を使用する前に、

横を向く、少しの間会話を中断する、

あるいはいくつかの「IOD」(Indicator Of Disinterest:脈なしサイン)

を使用することで、より効果的に威力を発揮する。



「スナイパーネグ」は、

案件にのみ伝えるようにしなければいけない。












【「ネグ」の注意事項】


「ネグ」を女性に使用した際、

その反応を見守っていると

感じさせないことが最も重要。




「私の反応を得ようとしている」

と感じとられた場合、「ネグ」は見せかけであることが

バレてしまい機能しなくなる。




女性の反応を気にするのは、

「低い価値」を示す行為にもなる。





また、女性の「スト値」が高ければ高いほど、

より攻撃的な「ネグ」にする必要がある。




「スト値」が10の女性に対しては、

その美貌に対して直接的な「ネグ」を短時間3回連続で与えてもいいが、

「スト値」が8の女性に対しては1~2回にしておくべき。











【「ネグ」の具体例】




PUA「俺たちがお互いを知る必要はないね。

女性「どうして?」

PUA「君は俺にはもったいないぐらいの良い子だから(笑)


「ティーズネグ」偽りの相性最悪








〈女性が失礼なことを言ってきたら…〉

PUA「君、普段引きこもっているタイプなの?

「ショットガンネグ」








〈女性が口を挟んできたら…〉

PUA「え?話し中なんだけど。

あのさ、俺の話が終わってからでいい?


それからグループの他の人たちに

PUA「この子、いつもこうなの?

と言い、おどけてぐるりと目を回す。

「ショットガンネグ」








〈2人に女性に質問をしてターゲットの女性が答えたら…〉

PUA「今、君に聞いてないよ

「ショットガンネグ」








〈携帯の画面などをまず、ターゲット以外に見せて、

ターゲットの女性がそれ見ようとしてきたら…〉

PUA「あのさ、今、彼女に見せてるんだけど。

自分の番まで待てないの?


「ショットガンネグ」








女性「私、モデルなの」

PUA「え?ハンドモデルとか?確かに手が綺麗だね(笑)


「ティーズネグ」









PUA「なんか、君のてのひら汗ばんでない?

何触ってたの? いや、言わなくていいよ。


「スナイパーネグ」








PUA「ねぇ、なんか耳に何か入ってるよ!

「スナイパーネグ」








PUA「おっと、強気だね。

でもそれはもっと仲良くなってからね?(笑)


「ティーズネグ」








PUA「その服いいね。

この前、君をクラブで見かけたけど、同じスカート履いてたね。

憶えてる。それにしても良いスカートだね(笑)


「ティーズネグ」







PUA「うわ、君、一瞬凄く疲れた顔してたよ。

君の元カレはそんなところが嫌だったんだろうね(笑)


「ティーズネグ」








PUA「今、気がついたんだんだけど、話す時に鼻が小刻みに動くんだね。

かわいい。ほら、またやった。

なんかハムスターみたい。しゃべってる時だけだけど(笑)


と指差して言う。

「ティーズネグ」








〈ガムを取り出して女性に渡そうとする…〉

女性「いらない。ビール飲んでるから」

PUA「知ってるよ。はい、ガム。


「スナイパーネグ」








PUA「芸能人で誰に似てるって言われる?

女性「有村架純とか。たまにね(笑)」

PUA「え?なんて?

女性「有村架純!!」

PUA「え?なんて?(笑)


「ティーズネグ」








PUA「そのスカートめちゃくちゃ綺麗な柄だね!

女性「え、ありがとう。」

PUA「俺の実家のカーテンみたい(笑)


「ティーズネグ」








PUA「ねぇ、歯になんかついてるよ!

「スナイパーネグ」








〈ティッシュを取り出して女性に渡そうとする…〉

PUA「すぐに鼻を拭いたほうがいい。

「スナイパーネグ」








〈女性の目を見つめて…〉

PUA「今、気付いたけど、目がとても綺麗だね!

女性「え、ありがとう。」

PUA「触っても良い?(笑)


「ティーズネグ」








〈女性の目を見つめて…〉

PUA「今、気付いたけど、目がとても綺麗だね!それ本物?

女性「カラコンだよ。」

PUA「へぇ…

〈間を置く…〉

PUA「まぁ、似合ってるよ

「スナイパーネグ」








PUA「今、気付いたんだけど、なんか服汚れてない?

「スナイパーネグ」







PUA「ってか、めっちゃ可愛いね。

俺のタイプじゃないけど(笑)


「ティーズネグ」







〈女性の年齢が自分よりも下だったら…〉

PUA「え?まだ、赤ちゃんじゃん(笑)

早く帰らないとパパとママが心配するよ?(笑)


「ティーズネグ」







PUA「それにしてもそのバッグ大きいよね。

家出してきたの?(笑)


「ティーズネグ」







〈ハイブランドの鞄を持つ女性に…〉

PUA「素敵な鞄だね。昨日も渋谷で持ってる人を見かけたよ。

今、流行りのやつだよね?


「ティーズネグ」




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: