FC2ブログ

記事一覧

2017.5.20 at 渋谷 ⑤

この記事は「2017.5.20 at 渋谷 ④」の続きです。





時刻は、既に3時半を過ぎていた。


部屋には、間接照明が灯され、流行りのEDMが静かに鳴り響いている。


SEXに必要な条件は、全て揃っている。


いつものように案件が座った瞬間にブランケットを渡し、紳士的に振る舞う。

彼女(案件D)は、先ほどの案件Bと比べるとかなり甘めのルックスだった。


おそらく、案件Bよりも確実に男にモテるだろう。

多くの男が案件Bのように綺麗過ぎる美女に声をかけるのを躊躇するからだ。










冷やしておいたシャンパンで乾杯をする。



「ESP」

「キューブテスト」


まずまずの盛り上がり。









彼女(案件D)がPino☆へのIOIを示してきたので

「彼氏、何人いるの?ルーティン」

により恋愛遍歴を引き出す。


盛り上がってきた。


あらゆる話題を提供し、丁寧に「Cフェーズ」を遂行する。












しばらくして彼女が呟いた。

「昼から仕事だからそろそろ帰るね」

「え、寂しい…もっと一緒にいたい」

普段なら口が裂けても言わないようなセリフだ。












しかし、「彼氏何人いるの?ルーティン」から彼女(案件D)が年下好きだということを把握していたので、年下男子の特徴的な生態である「甘える」を実行した。


対象案件の好みの男性像に寄せていくという作業。


試したことない試みだが、果たして上手くいくのか?













「え、可愛い♡おいで♡」

彼女は両手を広げて言った。

Pino☆は、勝利を確信した。




キス。

そのまま彼女を押し倒す。

ノーグダ。

準即完了。





朝になり、彼女を玄関まで見送る。

ふと、鏡を見ると首にキスマークがついていた。

彼女と再会することは、もうないだろうと感じた。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: