FC2ブログ

記事一覧

2017.5.20 at 渋谷 ④

この記事は「2017.5.20 at 渋谷 ③」の続きです。




時刻は、1時半を過ぎ、まるで満員電車のようだった店内も徐々に人がいなくなり始めていた。


Pino☆は、彼女(案件B)に性的な魅力を感じていなかったが、とりあえず彼女を連れて帰ることにした。



「行こうか!」


「うん。」








Airbnb物件に向かう直前の坂道で彼女(案件B)が言った。


「ここで帰るって言ったら怒る?」

「怒らないよ。どして?」

「…」




Pino☆は、彼女を必要としていなかった。


きっと、その気持ちが彼女(案件B)には伝わっていたのだろう。






結局、部屋に入ったものの、20~30分後に帰宅するというので、玄関まで見送った。

「ありがとね。」

「気をつけてね」

「また飲もうね」

「うん」












時刻は、2時過ぎ。


彼女(案件B)が帰宅した後、今から飲めそうな別の案件にLINEで電話をしてみることにした。

昨日、HUBで連絡先を交換したばかりの女性(案件D)が電話に出た。

彼女(案件D)は、今さっきラウンジの仕事が終わり、「これからジムに行く」という。

Pino☆は、あえて強引に誘わずに「じゃあ、また今度だね」と言ってあっさりと電話を切る。






電話を切った後、すぐに彼女(案件D)にLINEを送る。

「ねー」

「ん?」

「やっぱり会いたいわ」

「なにもしないー?」

「飲もうよ!」 (PUAは質問に答えない)

「お化粧ヨレヨレでちゃんとしてる時に会いたかったの」

「いいよ」



Airbnbの住所を彼女(案件D)に送信して、来てもらうことになった。


電話であっさり引いて、LINEで押したのが良かったのだろうか?







1時間後。

約束通り、彼女(案件D)が自転車でやってきた。

ルックスのレベルは7。

少し肌が汚いようにも見えるが、許容範囲だ。


彼女(案件D)を部屋に入れると、自分から玄関の鍵を閉めた。







「2017.5.20 at 渋谷 ④」へ続く…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: