FC2ブログ

記事一覧

2017.5.20 at 渋谷 ①

2017.5.20 at 渋谷 19:00



その日、Pino☆は、1人で渋谷のHUBにいた。


女性3人(A、B、C)とトリプルブッキングを組んでおり、全員が「当日確認」をクリアしてしまったので、ウィングの存在が必要不可欠だったのだ。


案件A…(レベル?: 先週HUBで連絡先交換した女性)  20:00~

案件B…(レベル8.5 : 2年くらい前に渋谷のハチ公前で連絡先交換した女性) 21:00~

案件C…(レベル6.5 : 歌舞伎町の高級店キャバ嬢) 23:00~







昨日のGAMEの疲れからなのか、17時くらいに目を覚ます。

歯を磨き、シャワーを浴びて、髪型を念入りにセットし、Balmainのデニムに脚を通す。


そういえば…

アポがある日は、いつもこのデニムを履いている。

そう考えてみると、狂気の沙汰としか思えない価格設定のこのデニムも嫌いにはなれなかった。

しかし、女性に「それ、Balmain?」と聞かれたことが今までに一度もないので、費用対効果は極めて低いと言える(笑)


Pick upをする上で「ファッション」は、重要な要素だが、下手に流行りのブランドや、誰もが知っているようなハイブランドで武装するよりも無難に自分に似合うものを着ていたほうがいい。







時刻は、19時を過ぎていた。


Pino☆は「ウィング」見つける為、早速サージングを開始する。


すると、1人の似合わないサングラスを掛けた男が、女性3人に素っ気ない態度をとられながらもPick upをしていた。


彼のルックスのレベルは3.5程度だったし、服装も正直ダサかったが、女性3人相手に果敢にチャレンジする精神に少し心を打たれた。



Pino☆は、彼を今夜のウィングにすることにした。


彼の近くに行き、彼から話しかけられるのを待つ。

話してみると…

彼は、やはりPUAだったが『GAME』や『口説きの経典』を読んではいなかった。

いわゆる「独学組」というやつだ。


それでも問題ない。






手始めに彼と女性2人組みのセットをオープンする。

彼は、なかなか会話が出来るように見えた。


彼は、女性2人と連絡先を交換したが、Pino☆は連絡先を交換しなかった。
2人とも、Pino☆の基準を満たしていなかったからだ。








『口説きの経典』には、「審査するフレーム」を持つことが重要だと記載してある。



「審査するフレーム」とは、その女性が交際相手として相応しい相手なのかどうかを審査することだ。


女性は、自分の探し求める男は「選り好みする男」だと想定している。
つまり、選り好みすることは、女性の期待通りの行動なので「DHV」を示すことになる。



交際相手に対しての高い基準を常日頃から持ち続け、女性に対して「審査するフレーム」で対応しなければ、どこかでボロが出てしまうと考え、

「とりあえず女性なら誰でも連絡先を交換する」といった行動を実際にとらないことが「審査するフレーム」をより強固なものにすると思い、その通りに動いた。





ふと、携帯を見ると案件AからLINEが届いていた。

正直、案件Aのルックスを憶えていなかった。

何度か書いたが、連絡先を全て削除してしまった為、よくわからないのだ。


彼女(案件A)が店の場所がわからないというので、TUTAYA前までPino☆が迎えに行くことになった。




「2017.5.19 at 渋谷 at ②」へ続く…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: