記事一覧

2017.5.19 at 渋谷 ④

この記事は「2017.5.19 at 渋谷 ③」の続きです。



目が覚めると、カーテンの隙間から入る外からの日差しで部屋が明るくなっていた。

どうやらPino☆は、疲れて眠ってしまったらしい。

時刻は、9時を過ぎていた。




隣では、まだ彼女が眠っていた。

よく見ると…

どうやら履いていたズボンを脱いでいる。

「寝る時に服を脱がないと眠れない女性」
がいるのを知っているが、普通この状況で脱がないだろう。(笑)





いったいなぜだ?

しかも、なぜ帰ってない?

彼女もすごく疲れていて、眠ってしまったのか?


Pino☆は、彼女を起こさないようにベッドから離れ、煙草に火をつけた。






ベッドに戻り、手を回して彼女を抱きしめると、彼女もPino☆を抱きしめてきた。

彼女からPino☆の額にキス、そのあと唇にキスをしてきた。


よくわからないけど…これSEX出来るじゃん。

と思ってDキスからの手マン。





しかし、まさかのグダが発生する。


「本当ダメだから。もう帰る」

「挿れないから舐めたい」

「お風呂入ってないし…」

「気にしないよ」

「あたしが気にする(笑)」

「Pino☆くんは、本当にSEXが大好きなんだね…」







彼女の言葉を聞いた時にようやく自分が犯した決定的なミスを理解した。


Pino☆が犯したミスは、「ACSモデル」の「Cフェーズ」の後半において、彼女からの「IOI」(脈ありサイン)をいくつか確認した後に、彼女への好意や愛情、抱きたいという気持ちを伝えていなかったことだ。



これが実行されていないと女性には「ただヤりたいだけ」に見えてしまう。

彼女の年齢は、27歳でルックスも良い、きっと若い頃から男性経験が豊富にあり、今までにたくさんの男を見てきただろう。

だからこそ、今からPino☆が口説いたとしても、彼女には余計に「ただ、ヤりたいだけ」に見えてしまう。



そんな予感がした。



だとしたら…



これ以上、このGAMEで攻める必要がない。




結果に執着しないことが、また新たな結果に繋がる。

Pino☆は、彼女と再び普通の会話をした。





30分程度、話してから帰宅する彼女を玄関まで見送った。

女性「楽しかったよ~またね」

Pino☆「はい」

女性「はいって(笑)」


彼女から想いもよらぬ言葉を聞いたので、思わず、おかしな返事をしてしまった。







今回のGAMEは、久しぶりに本当に楽しかった。

やはり、PUAとして成長するにはアポを組み、場数を踏むことが最も重要なことだと再認識出来たからだ。





ちなみにこのブログを書いている今でも彼女とLINEのやりとりが続いているので、途中まで「ソリッドゲーム」が組めていたということがわかる。


今回のようなグダを発生させない為の「開放トーク」と、それでもグダが発生した場合の「グダ崩し」を学ばなければいけないという明確な目標が出来たことがなにより嬉しかった。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: