FC2ブログ

記事一覧

2018.8.17 at 新宿 ②

この記事は「2018.8.17 at 新宿 ①」の続きです。





Airbnbのすぐ近くで、タクシーを降りて、

そこからは歩いて目的地へと向かった。



幸いにも、彼女は行き先を訪ねてこなかった。







Airbnbに入室してから、

彼女にベランダで煙草を吸わせて、

冷蔵庫から冷えたシャンパンを取り出した。







彼女が煙草を吸い終えたタイミングで、

それをプラスチック製のシャンパングラスに注いだ。

慣れた手つきだった。








彼女を先にベッドに座らせてから、

その隣に腰を下ろした。

彼女は少し緊張しているように見えた。







Pino☆「乾杯!」

女性「乾杯!」



プラスチックがぶつかる、鈍い音がした。





Pino☆「美味しい?」


女性「飲みやすい!」


Pino☆「なら良かった。」


女性「ちょっとトイレ借りていい?」


Pino☆「もちろん。奥にあるよ。」









状況を冷静に分析する。






今は「Comfort Building フェーズ」で、

これから彼女の話を丁寧に聞いて、

和みを構築しなければならない。






それと並行して、

キノ・エスカレーション

IOI」の確認

DHV」の提示

の3つを行う必要もあった。









彼女がトイレから戻ってきた。





Pino☆「おかえり。

そういえば、さっき話してくれた仕事の話だけど…」




女性「え、あ、うん。 それは…」



Pino☆「なるほどね。つまり…」



女性「そうそう。それから…」












「Talk Possession」(トーク支配率)

【彼女】80% : 【Pino☆】20% になるように

巧みにコントロールしながら、




キノ・エスカレーション

IOI」の確認

DHV」の提示

を慎重にクリアしていった。












次に「SOI」を発動する必要がある。






飲み慣れていないシャンパンのせいか、

あまり深く考えることが出来なかった。











いつも通りのトークスクリプトを使う。




Pino☆「今日は、話せて本当に良かったよ。

ありがとう。」



女性「え、いきなり?(笑)

あ、私もありがとう(笑)」



Pino☆「こんなふうに話す前までは、○○ちゃんのこと、

そこらへんにいる普通の女の子だと思ってた。

でも、今は…

一緒にいるとなんだかドキドキする。」


SOI


女性「……どういうこと?(笑)

それっておかしくない??」






彼女の表情を確認すると、

照れ隠しなどではなく、

本当に意味を理解してなさそうだ。




彼女は酔っているのか、頭が悪いのか、

それとも、伝え方が悪かったのか?










もし、酔っているなら…

確認した「IOI」も全く当てにならない。





もし、頭が悪いなら…

それはすぐには改善されない問題だ。





もし、伝え方が悪かったのなら…

いや、この選択肢はない。

誰にでも伝わるレベルの

何度も使用したトークスクリプトだ。












そんなことを考えていると…

彼女がまた仕事の話を始めた。






フリーターなのによく喋る子だ。













彼女の話を聞きながら、

Pino☆は、手に持っていたグラスを床に置いた。










そして、彼女の手からもグラスを奪い、床においた。









彼女は少し驚いたような表情をしていた。









キス。









ノーグダ。










準即達成。



彼女と再会してから、3時間以内の出来事だった。






また、会う約束を取り付けることが出来たので

今回も「ソリッドゲーム」が組めたと言える。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: