FC2ブログ

記事一覧

2017.3.11 at 渋谷 ③

この記事は「2017.3.11 at 渋谷 ②」の続きです。




店員からレッドブルウォッカを受け取り、

彼女と彼女に話しかけている男性の元へと向かった。







Pino☆「友達なの?」

敵意のない満面の笑みで彼女と男性に尋ねた。





男性「あ、邪魔しちゃってすみません」

は申し訳なさそうだった。








Pino☆「いや、全然気にしなくて大丈夫ですよ。

僕らも今日、会ったのが2回目だから(笑)」


男性「え、そうなんですか?」










「PUAは、AFCの質問にも答えない(笑)」










Pino☆「とりあえず乾杯!!」





男性は、グラスを持っていなかったので

Pino☆は、(彼女が)半分程度飲んだDKのグラスを彼に渡して乾杯をした。











は、それをよく観察してから飲み干した。

男性「ご馳走様です。

煙草の吸殻でも入っているのかと思いました(笑)」




Pino☆「そんなことしないですよ(笑)

ところで女の子に話しかけないんですか?(笑)それでここにきたんでしょ?」







は、福岡県からの短期出張組で、

を含めて4人の男性グループでHUBに来ていた。

の後ろにいた3人がまさにそうだった。









Pino☆は、みんなで乾杯をすることにした。


Pino☆「ところでナンパしないんですか?

手伝いますよ?」



そう言うと、4人組の男性を連れて、

テキトーにサージング。

スト値 3】程度の暇そうな3人組を見つけて声をかけた。







声をかけた、彼女達の反応は良く、「これなら大丈夫だろう」と思い、

【スト値 8】の彼女が待つ場所へと1人で戻った。















すると、今さっきまで一緒に声をかけていた男性がこちらに戻ってきた。


男性「いやいや、あの3人、自分(Pino☆)だったら絶対に声かけないでしょ?

(笑)勘弁して下さいよ~」





Pino☆は、笑って誤魔化した。













この行動によりPino☆は、

「連れの女性をナンパしてきた人間に対して寛容で、

さらにグループを合併させるほど社交的であること」


「連れがいるのに他の女性に声かけることを躊躇しないこと = 失う覚悟」

という2つのDHV」(Demonstrate Higher Value:高い価値)

を提示することに成功した。







全て計算通りの展開だった。












4人組の男性グループは、ターゲットリッチな環境を求めて、

クラブに行くということなので全員とサヨナラの握手を交わした。

彼らともう会えないと思うと少しだけ寂しかった。

時間にして15~20分程度の出来事だ。
















2人きりになってすぐ、突如として【スト値 3】程度の酔っ払いの女が、

Pino☆の前にやってきて、目の前で止まった。

【スト値 3】は、Pino☆の目を見つめたが、

横にいる女性(【スト値 8】)と目があったので、急に方向転換して去っていったのだ。





それは、あまりに不自然過ぎる動きで、

明らかに逆ナンしようとしたがやめた
という感じだった。











女性「ねーあの子、今、Pino☆くんのこと逆ナンしようとしてたよ?

それで私のこと見てやめたよ(笑)

絶対そうだよ!!」












女の勘は、こういう時に鋭い。








全く計算外の「DHV」(Demonstrate Higher Value:高い価値)の提示にPino☆は、

笑うしかなかった。



















ふと、彼女を見つめると

「エサをねだる犬の顔」をしていたので、

彼女を抱き寄せ、キスをした。










女性「ここじゃ恥ずかしい」






2017.3.11 at 渋谷 ④」へ続く...




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: