FC2ブログ

記事一覧

2017.3.11 at 渋谷 ①

2017.3.11 at 渋谷 00:30






今日は、去年の12月に六本木のクラブにて連絡先を交換した女性とのアポだった。

彼女は、見た目が綺麗系のスト値 8】







彼女のLINEの返信は遅く、返信率も低い。

ちょくちょくLINEが途切れてしまうので、そういう時は、Pino☆から定期的にLINEをしていた。







LINEの内容から彼女からのIOIは、感じなかったが、

Pino☆が「飲みに行こう」と誘ってから返信が早くなり、

返信率も上がった気がしていた。











本日の目的は、「準即」






待ち合わせ場所に遅れて彼女がやってきた。

クラブの中では、暗くてわからなかったが、

外で見る彼女の服装は大人ぽくてPino☆のタイプだった。










Pino☆は、HUBを選択した。

HUBに入ると、土曜日ということもあり、

かなり混雑していたが空いているスペースを見つけ、横並びになれるポジションを確保する。










上着を脱いでカウンターに向かった。

順番待ちの列に並んでいる途中で、【スト値 4】くらいの女性からずっと見つめられるという

IOIを感じたが、Pino☆はそれをスルーした。

【スト値 4】と連絡先交換したところで、返信する時間がないのは明白だったからだ。









カウンターで自分と彼女のカクテルとDKをシングルで2杯注文した。

乾杯をして煙草に火をつけた。


恋愛遍歴引き出しルーティンを使用する前に彼女からいくつかのIOIを感じた。

彼女は、Pino☆のルックスやファッション、雰囲気などを褒めてくれた。

どちらかというと彼女は、

ツンツンしていてLINEでのIOIも感じられなかったので、

少し意外で、やはり「女心は難しい」と思った。











実は、彼女はPino☆と会う4時間くらい前から職場の飲み会で飲んでいたらしい。

アルコールで少し開放的になっていると判断した。








彼女の好みを把握する必要は、

あまりないと思い「恋愛遍歴引き出しルーティン」を使用するのをやめ、

彼女に会話の主導権を渡すことにした。











「聞き上手」と「話し上手」という言葉があるが、

Pino☆は本来「聞き上手」なほうだと自分でも思うし、

今までも

「Pino☆くんて聞き上手だよね」

と何度も言われたことがあったからだ。









彼女の会話が一区切りついたところで、

彼女の身体に触れてキノ・エスカレーションを遂行する。







2017.3.11 at 渋谷 ②」へ続く...


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: