記事一覧

2017.11.11 at 渋谷 ①

2017.11.11 22:30 at 渋谷




その日は、先月ATOM TOKYOで出会った未セク案件(SEXをしていない案件)とのアポだった。

(出会ったその日にSEXすること)を狙う為、ギラついたものの、

グダが崩せなかった案件と再度アポを組み直すということは、今まで1度も試したことがなかった。








だが、どうしても、

あの日グダが発生した理由を明確にしたかった。







PUAとして成長するために。








いつものように念入りに髪型をセットして渋谷へと向かう。

センター街のTSUTAYAで彼女と合流。









Pino☆「久しぶり~」

案件「久しぶり!お腹空いた~」

Pino☆「お腹空いたの?」

案件「お腹空いてない?食べてきたの?」

Pino☆「食べてないけど、ダイエット中だから食べない(笑)」

案件「え~ダイエットしなくて良いじゃん(笑)」















Pino☆は、案件を連れてThe Public Standへと向かった。

The Public Standは、以前に2回ほどアポで使用しているが、非常に使いやすいバーだ。

飲み放題の為、コストパフォーマンスが高く、

コインロッカーがある為、貴重品が盗難にあう可能性も低い。










また、競合のレベルもHUBより低い為、AMOGingされることも少ない。

座れる席が少ないというのが、唯一のネックポイントだが、

30分以内には、席が空いて座れるようになる確率が非常に高い。
(22:00以降の場合)












今日のGAMEプランは…

22:50 ~ 1:00までの2時間弱をThe Public Standで過ごし、

「煙草ルーティン」で道玄坂のコンビニまで移動。


その後、ラブホテルに入室という成功率100%のプランだ。










券売機でチケットを買う為に列に並ぶ。

3分くらい待たされて、入店。

案件に¥3,240円(税込)の「ペア割」のチケットを購入させて、右手の甲にスタンプを押される。













案件が持っていた鞄と自分の荷物を同じロッカーに入れる。

鍵は、Pino☆が管理する。 = 「ロッカー共有ルーティン」

とても、スムーズな流れだった。

「ロッカー共有ルーティン」で鍵をPino☆が管理するのは、案件が勝手に帰ることを防ぐ為である。








アポで案件に帰られた経験は、ほとんどないが…


「案件が泥酔して勝手に帰宅する」

or

「案件が他の男に持ち帰られる」


というリスクを極限まで回避出来るルーティンである。


もともと、クラブアポで使用していたテクニックだが、

The Public Standなどのコインロッカーがある場所ならどこでも使用可能。











ドリンクを受け取る為に順番待ちの列に並ぶ。

空いてる席を見つけて乾杯をする。

GAME開始の合図だ。






「2017.11.11 at 渋谷 ②」へ続く…




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
47位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: