記事一覧

2017.10.28 at 渋谷 ②

この記事は「2017.10.28 at 渋谷 ①」の続きです。







22:30頃

ウェンディのコスプレをした案件(レベル4)の連絡先を手に入れ、

少しだけテンションが上がっていた。

そのまま、GAME☆のメンバーの1人とセンター街を直進して案件を探す。

= 「サージング」










相変わらずターゲットリッチだ。

だが、同時にレッドオーシャンでもある。












囚人のコスプレをした2人組をオープン。

ルックスのレベルは、5くらいだが爆乳だった。






Pino☆「写真撮ろうよ!」

案件(爆乳)「いいよー!」

パシャ。

Pino☆「LINE教えて!」

案件(爆乳)「いいよー!」






連れ出し打診をしたものの、

Pino☆だけ連絡先を交換して、逆に放流される。

















やはり、おかしい。

いつもとなにか違う気がした。

最近は、HUBやクラブなどの屋内で、Pick Upをしている。

だから、ストリートが難しく感じるのか?

いや、ストリートってこんなに難しかったか?(笑)

苦手意識か?







いや、何かが違う。

Pino☆は、元スカウトマンだ。

別にストリートは、苦手ではない。

逆3や逆4、逆5くらいまでなら、当たり前のように声をかけていた。

案件の反応が悪過ぎる。

何か「DLV」(Demonstrate Lower Value : 低い価値)を提示してしまっているのだろうか?

このコスプレか?













考えてもわからない。

それでも今はやるしかない。














携帯を見ると、

先週、ATOM TOKYOで連絡先を交換したレベル5.5の未セク案件から連絡が来ていた。


案件「センター街にいるの?」

Pino☆「いるよー」

案件「見つけよー(笑)」



テキトーに返信して、サージングを続ける。


















ウェイトレスのコスプレをした、以前HUBで出会って、

連絡先交換をしていなかった案件を見つけてオープン。

Pino☆「久しぶり!写真撮ろう!」

案件「いいよー!てか、憶えててくれたんだ?」

Pino☆「あはは」

パシャ。

Pino☆「LINE教えて!」

案件「うん!交換しよ!」













ATOM TOKYOで連絡先を交換したレベル5.5の未セク案件に見つかる。



案件「Pino☆くん!」

Pino☆「あ、写真撮ろう!」

案件「うん」


軽く「Comfort-Building フェーズ」を構築して放流。










携帯を見るとhina☆からLINEが来ていた。

買い出しが終わったのであろう。

hina☆と合流するポイントを決めて、そこに向かった。







「2017.10.28 at 渋谷 ③」へ続く…





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
47位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: