記事一覧

「恋愛遍歴引き出しルーティン」①

「恋愛遍歴引き出しルーティン」




【ルーティンの流れ】①

PUA「今、彼氏いるの?」

or

PUA「彼氏、何人いるの?(笑)」 = ネグ

女性「いないよ~」






【解説】


「恋愛遍歴引き出しルーティン」は、

現在、案件に彼氏がいるかどうかを聞く質問から始める。

この質問の解答により、今後のGAMEプランを決定する。





アポが成立している場合、

基本的に「彼氏がいない」という返答を得ることが出来る。

もし、「彼氏がいる」案件の場合、非常に注意深く取り扱わなければならない。







「彼氏がいる」案件の場合、


PUA「○○ちゃんの彼氏って良い人そうだよね?」

or

PUA「へぇ、彼氏どんな人?(笑)」

or

PUA「ラブラブなんだ?(笑)」 = 「ネグ」


というような彼氏に関する質問をして、案件と彼氏の関係が良好なのかどうかを探る。




アポが成立している場合、

基本的に「良好ではない」という返答を得ることが出来る。



案件と彼氏の関係が「良好ではない」場合、

こちらは「案件の味方」というスタンスを示す。




PUA「えーそれは嫌だね。」

PUA「そうだね。それは辛いね。」

PUA「あー俺もそう思うよ。」

PUA「それは、不安になるよね。」



案件の彼氏に対する不満や不安に同調する。









この時、案件の彼氏を否定すること

「DLV」(Demonstrate Lower Value : 低い価値)を提示してしまうので注意すること。




あくまでも案件の意見に同調するだけでいい。








逆に

PUA「彼氏さん、本当は○○なんじゃない?ただ不器用なだけで。」

PUA「もしかしたら、彼氏さんは、その時○○な感じに考えていたんじゃない?だから…」


というような、ポジティブな意見を示すことで

DHV」(Demonstrate Higher Value:高い価値)を提示出来る場合がある。







もし、案件と彼氏の関係が良好の場合…

彼氏に対しての質問をすることで、

彼氏に対する罪悪感を刺激してまう可能性が高いので、注意しなければならない。

彼氏の話題を掘り下げるよりも、話題を変えたほうが良い。










【ルーティンの流れ】②

PUA「今までに何人と付き合ったことある?」

or

PUA「今まで何人と付き合ったの?100人ぐらい?(笑)」 = 「ネグ」

女性「3人だよ」





【解説】


次にこの質問で、案件がどれくらいの恋愛経験値を積んできたのかを探る。





「結婚するまでに付き合った男性の人数」(「マイナビウーマン」より)


1位:5人以上……36.9

2位:2人……17.1%

3位:3人……15.4%

4位:相手が初めて……12.45%

5位:4人……9.25%

6位:1人……8.8%









案件の付き合った人数が5人以上なら一般的だが、4人以下ならば、

A : 出会いがなかった。

B : モテなかった。

C : 青春時代を部活や受験勉強などに費やしていた為、

男性と付き合うということに対して積極的でなかった。

D : 1人の男性と付き合っている期間が長かった。

という大きくADの4タイプに分けることが出来る。









ACまでの3タイプの案件の場合、男性に対する免疫があまりないと考えられる。


案件にとって適切な「DHV」(Demonstrate Higher Value:高い価値)を提示することで、

比較的、短時間でSEXに到達出来る可能性が高い。






だが、男性に対する免疫がないからこそ、貞操観念が強い案件も存在する。

貞操観念の強い案件に対しては、リフレーミングを意識して会話することが必要になる。

まずは、案件の恋愛に対する考え方や価値観を丁寧に探る。





PUA「確かに言ってることすごいわかるよ。

けど、○○○っていう考え方もあると思うよ。だって…」



というふうに、一度、案件の意見に同調しながらも、丁寧にリフレーミングしていく。



また、「キノ」を使用した時の案件の表情から

「Comfort-Building フェーズ」 = 「和み」の進行具合を判断してGAMEを進めていくこと。






貞操観念が強い案件の場合、

「付き合ってないグダ」

「会ったばかりグダ」


などの様々なグダが発生する可能性も非常に高いので予め「グダ崩し」を予習しておくこと。














Dタイプの案件の場合、ADタイプの中で最も攻略の難易度が高いと考えられる。



Dタイプは、以下のような性格の案件が多い。


・極度に保守的な性格

= 結婚や将来のことを視野に入れて行動するタイプ。


献身的な性格

= 付き合った男性に尽くすのが好きなタイプ。


我慢強い性格

= 付き合った男性と喧嘩になったり、浮気されたりしても耐えるタイプ。









また、Dタイプの案件の場合、

明確な「理想の男性像」というものを持っている場合が非常に多い。



その「理想の男性像」にピンポイントで合わせた

「DHV」(Demonstrate Higher Value:高い価値)を提示することが必要になる。


会話の中で案件が求めている「理想の男性像」を探りながら、

上手くフィットさせていく戦術が一般的。





「恋愛遍歴引き出しルーティン」②へ続く…




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: