記事一覧

2017.10.7 at 渋谷 ⑨

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ⑧」の続きです。







部屋に入ってからの彼女は、どこか冷静を装っているように見えた

やはり、なにか不安なのだろう。

そんな、精神状態の彼女を抱く気はなかった。










きっと、彼女「遊ばれたくない」と思っている。

Pino☆は、彼女の不安な気持ちを、

言葉ではなく、態度や行動で取り除いてあげたいと思った。













Pino☆「お風呂入るよね?(笑)お湯貯めるね!」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「うん。」











Pino☆「てか、この部屋暑いよね?(笑) クーラーつけよっか!」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「ありがとう(笑)」










Pino☆「てか、喉乾いてる? お水買ってくるよ!」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「え、ありがとう。あんまり気を使わないで?(笑)」











Pino☆「お風呂の準備が出来たよ。 タオルとバスローブここに置いておくね。」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「ありがとう。」











Pino☆「上着かけとくね。」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「えー自分で出来るよ(笑)」










彼女が先にシャワーを浴びて出てきた。

入れ替わりで、Pino☆もシャワーを浴び、タオルで身体を拭き、バスローブに着替える。






ベッドに横になっている彼女を見ると、髪が少し濡れていることに気付いた。







Pino☆「髪の毛濡れてる。乾かしてあげるよ。」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「これくらい大丈夫だよ!」

Pino☆「ダメだよ。風邪ひいちゃうから。 ほら、早くきて!」







Pino☆は、彼女の髪を丁寧に乾かした。

彼女は、少し恥ずかしそうな表情をしていた。

先ほどまでと違う、彼女の本当の素顔が垣間見えた気がした。








Pino☆「そろそろ寝ようか?」

= 「PUAは、常に主体的でなければならない」

案件「うん。」







ベッドに横になり電気を暗くする。

彼女を抱きしめる。

Pino☆「ドキドキして眠れないよ」

彼女がどんな表情をしていたのか暗くて見えなかった。






キス。

ノーグダ。









準即達成















行為が終わった後、

GAMEの流れが変わってしまった原因が、

彼女
の口から告げられた。




案件「さっきのお店でPino☆くんが言ってた言葉あるじゃん?」

Pino☆「どれ?」

案件「『ドキドキする』ってやつ。

あれ前にも同じようなことを、チャラい人に言われたことあるの。」

Pino☆「……」

案件「その人に

『そんなこと思ってないでしょ?』って聞いたら

『バレた?本で読んだんだよね!』って言われたことがあって…

だから、Pino☆くんに言われた時、

この人もそうなのか~って思っちゃんだよね(笑)」

Pino☆「そうなんだ(笑) まだ、俺がやり逃げすると思ってるの?」

案件「え?しないの?♡」

Pino☆「しないでしょ(笑)」

案件「嬉しい♡」









今でも彼女と連絡が続いている。

正直、彼女には少し惹かれていた部分があった。

だが、今は興味が薄れつつある。

原因はわからない。








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
47位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: