記事一覧

Pino☆のナンパマニュアル⑧

⑧ 連絡先を聞く時の注意点。

連絡先を聞く前に「こちらに興味を持たせること」、「警戒心を解くこと」が大前提なので、序盤からいきなり連絡先を聞く行為は、基本的には避けたほうが良い。

⇒ある程度、会話になっていて「声をかけた女性が自分に惹きつけられている」と感じたらどのタイミング(相手が急いでいる場合や、移動中なら早めに聞いたほうが良い場合も多い。)で聞いても問題ない

しかし、グダる(渋る、断られる)のが面倒なら、可能な限り長く話して和んでから去り際に交換するのがいい。


※ 連絡先を交換してから、相手に時間があるようなら、買い物に付き合ってあげたり、喫茶店に入ったり、飲みに行ったりして長い時間を過ごすことにより自分を印象付けたほうがいい。返信率を上げる為。




【解説】

・連絡先は、必ず最初に電話番号を聞くようにして、どうしてもダメならLINE、それでもダメならこちらの連絡先だけ教える。

LINEだとブロックされたり、相手がアカウントを作り直した場合に消えてしまい、こちらから連絡する手段を絶たれる可能性が非常に高い。

また、LINEのみ聞くという行為は、他者との差別化を図れない。

ただし、LINEで相手の興味を引くような面白い話題や、思わず返信せずにはいられないような文章を作ることが得意なタイプならLINEを交換してそのやりとりの中で電話番号を聞く方法でOK。



連絡先の交換を打診した際に様々なグダが発生する可能性があるので連絡先交換用の「ルーティン」を考えておく。


ただ、そもそもグダが発生する要因としてこちらに興味を持たせることが出来ていない、警戒心を解くことが出来ていない、あるいは「クソテスト」(※2)なので、何よりもトークスキルを上げたほうが良い。



(※2)⇒「クソテスト」とは?

女性が男性に対して冷たい態度をとったり、無視をしたり、拒絶をしたりして男をテストすること。

遺伝子にプログラミングされているので、どんな女性も本能的に必ずテストをする。

このテストをクリア出来ないと「すぐに諦める男」「凡庸で成功しない男」「つまらない男」と判断され、セックスの対象外となる。

さらに、クソテストは付き合ってからも延々と続き、ワガママを言ったり、不満を言ったり、馬鹿にしたりしてこちらを試してきます。

このテストに正解を出し続けなければ、いずれ性的魅力を感じられなくなり他の男に行かれる可能性が高くなる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: