FC2ブログ

記事一覧

「恋愛遍歴引き出しルーティン」①

「恋愛遍歴引き出しルーティン」①【ルーティンの流れ】①PUA「今、彼氏いるの?」orPUA「彼氏、何人いるの?(笑)」 = 「ネグ」女性「いないよ~」【解説】「恋愛遍歴引き出しルーティン」は、現在、案件に彼氏がいるかどうかを聞く質問から始める。この質問の解答により、今後のGAMEプランを決定する。アポが成立している場合、基本的に「彼氏がいない」という返答を得ることが出来る。もし、「彼氏がいる」案件の場合、非常に注意...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ⑨

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ⑧」の続きです。部屋に入ってからの彼女は、どこか冷静を装っているように見えたやはり、なにか不安なのだろう。そんな、精神状態の彼女を抱く気はなかった。きっと、彼女は「遊ばれたくない」と思っている。Pino☆は、彼女の不安な気持ちを、言葉ではなく、態度や行動で取り除いてあげたいと思った。Pino☆「お風呂入るよね?(笑)お湯貯めるね!」 = 「PUAは、常に主体的でなければならない」案件「...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ⑧

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ⑦」の続きです。3:00頃コンビニで煙草を買い、そのまま道玄坂を登った。案件「カラオケ行こうよ!」Pino☆「カラオケ?」案件「カラオケ!」Pino☆「ホテル行こうよ!」 = 「PUAは、常に主体的でなければならない」案件 「え、そんなつもりじゃなかった。ホテルには行かないよ!」Pino☆「そんなつもりって?(笑)」「自信と余裕のある態度」で切り返す。彼女は、何も答えなかったが、そのままPino☆の...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ⑦

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ⑥」の続きです。2:00頃トイレの中で冷静にGAMEの内容を分析する。Pino☆が彼女に好意を伝えた後、GAMEの流れが変わってしまったように思える。彼女が「カラオケに行こうよ!」という逆打診をしてきた。これは、彼女が主導権を握ろうとしている発言だ。好意を伝えるのが早過ぎたのか?彼女のルックスのレベルが高かったので、「Attraction フェーズ」も「Comfort-Building フェーズ」も丁寧に実行した...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ⑥

この記事は「2017.10.8 at 渋谷 ⑤」の続きです。Pino☆「ただいま!」案件「おかえり!」案件「てか、Pino☆くんて良い香りするよね。なんの香水?」Pino☆「え、なんもつけてないから、たぶん体臭だよ!(笑)ほら、嗅いでみて?」 =「PUAは、質問に答えない」首筋を彼女の顔に近づけ、匂いを嗅がせる。案件「え、やっぱり良い香りするよ?(笑)あたし、本当にこの香り好きなんだよね。なんて名前の香水なの?」Pino☆「ずっとこの香水使...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ⑤

この記事は「2017.10.8 at 渋谷 ④」の続きです。24:00頃GAME開始から約1時間が経過していた。Pino☆「○○ちゃんて、普段ナンパされても連絡先とか交換しないタイプ?」案件「え、絶対しないよ(笑)」Pino☆「なんかそんな感じする。俺の友達が声をかけたけど、めちゃくちゃスルーしてたもんね(笑)目も合わせなかったもんね?」案件「あぁ、あの人は、タイプじゃなかったから…」Pino☆「え、ってことは俺のことタイプなの?(笑)」案件「...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ④

この記事は「2017.10.8 at 渋谷 ③」の続きです。23:00頃GAME開始直後からPino☆は、主導権を握ることを意識して会話を展開する。「PUAは、常に主体的でなければならない」Pino☆「なんか緊張してる?(笑)」案件「してるよ。わかる?(笑)」案件「てか、人見知りでしょ?」 = 「PUAは、質問に答えない」案件「うん。」Pino☆「俺も人見知りなんだよね(笑)」案件「嘘でしょ?(笑)絶対慣れてるよね?」Pino☆「あはは(笑)ねぇ、心理テスト...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ③

この記事は「2017.10.8 at 渋谷 ②」の続きです。22:40頃HUBの店内でGAME☆(PUAのグループLINE)のメンバーとPUをしていた。やはりシステムを理解している人とのPUは楽しい。LINEを確認すると、彼女から連絡がきていた。「ついたよー」アポ設定時刻に少し遅れてやってきた彼女と合流する為、HUBを退店して渋谷駅へと向かった。待ち合わせ場所にいた彼女のルックスは、Pino☆が想像していたよりも良かった。レベルが6.5くらいある。ロリ...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ②

この記事は「2017.10.8 at 渋谷 ①」の続きです。21:00頃渋谷のHUBへと入店する。時間帯のせいなのか、昨日の夜と比べて案件の数が少ない。= 「ターゲットプア」それに案件の質もあまり良くない。だが、物事はポジティブに考えなくてはならない。ネガティブな思考は、ネガティブな結果に直結してしまう。「ターゲットプア」という状況では、「AMOGing」が必要となる。つまり「ターゲットプア」な状況こそ、「AMOGing」の練習に相応...

続きを読む

2017.10.8 at 渋谷 ①

2017.10.8 at 渋谷 22:0019:30頃「今日ヒマ?」以前にアポをドタキャンした案件や、何らかの理由によりアポが流れてしまった案件に対して、LINEでアポ打診をしてから、シャワーを浴びた。いつものように髪型を念入りにセットしながら、LINEに目を通す。返信がきた案件の1人に、非常に興味深い女性がいた。彼女と出会ったのは、今年の9月上旬。その日は、新宿のHUBでPU講習をしていた日だった。受講生2人と新宿靖国通りにあるHUBか...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ④

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ③」の続きです。Pino☆と案件は、お互いに色々な話をして和んだ。時刻は、いつの間にか深夜2時を過ぎ、店内には両手で数えられるほどの人しかいなくなっていた。すでにGAME開始から3時間が経過している。そろそろ「Seduction フェーズ」へと移行するタイミングだった。そうしなければ、渋谷のラブホテルの空きがなくなってしまうからだ。案件がトイレへと向かった際、Pino☆は、煙草があと、1本でなく...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ③

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ②」の続きです。時刻は、深夜の1時を過ぎていた。Pino☆は、自分が今、置かれている状況を冷静に分析する。案件からのいくつかの「IOI」(Indicator Of Interest : 脈ありサイン)で「Attraction フェーズ」をクリアしている。 = 案件を魅了出来ていることが確認出来る。「Comfort-Building フェーズ」の前半では、「恋愛遍歴引き出しルーティン」にて「恋愛に対する価値観」が案件と似ているというこ...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ②

この記事は「2017.10.7 at 渋谷 ①」の続きです。渋谷のThe Public Standに入店したPino☆と案件は、券売機で¥3,240円(税込)の「ペア割」チケットを購入した。チケットをスタッフに渡すと、ブラックライトで光るスタンプを左手の甲に押された。「時間無制限飲み放題」の場合、ドリンクを注文する際にこの左手の甲のスタンプを見せる必要があるとのこと。ドリンク待ちの列に並びながら、店内の状況を観察する。店内の雰囲気は、HUBよ...

続きを読む

2017.10.7 at 渋谷 ①

2017.10.7 at 渋谷 23:00その日は、渋谷のHUBで連絡先を交換した女性とのアポだった。案件のルックスレベルは4.5~5くらいで、少しムッチリした体型の巨乳だった。8月中旬から9月末までは、複数の「LTR」(Long Term Relationship : 長期的な友好関係) と過ごす時間や講習の時間、PUについて考える時間が多く、アポを組むことが出来なかったので…Pino☆にとって約2ヶ月ぶりのアポになる。いつものように念入りに髪型をセットして渋谷...

続きを読む

2017.8.5 at 渋谷

2017.8.5 at 渋谷 22:00その日は、渋谷のクラブで連絡先を交換した案件とのアポだった。彼女のルックスのレベルは、4.5くらいだったと記憶していたが…「クラブマジック」の可能性が高かった。「クラブマジック」とは…クラブで出会った案件が、通常よりも魅力的に見えること。(+1~1.5)つまり、クラブ内で案件のルックスレベルが4.5だった場合、後日のアポで再会するとレベルが3くらいまで落ちてしまう現象である。なぜ、「クラブマ...

続きを読む

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: