記事一覧

「Attract 率 」

「Attract 率 」【解説】「Attract 率 」とは…どれだけ適切に「Attraction フェーズ」(「ACSモデル」)を実行できたか = どれだけ案件を惹きつけることに成功したかということを測定する数値で、「Attract 率 」:0~100% で表すことが出来る。アポを組む為に「Attract 率 」がどれくらい必要なのかは…その案件によって異なるので注意が必要。例えば…フットワークの軽い女性の場合、生理的に無理な相手でない限り、ほんの少し惹き...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ⑥

この記事は「2017.8.4 at 渋谷→六本木 ⑤」の続きです。HOTEL THE GRANZへと向かうタクシーの中では、彼女が窓から見える景色を話題にして会話を展開してくる。Pino☆は、それをバックトラッキングして時間を潰した。目的地である、HOTEL THE GRANZに空室がなければ、全ての計算が狂ってしまう。という不安があったので、彼女との会話が耳に入ってこなかったのだ。HOTEL THE GRANZの前にタクシーが停車した。もし、空室がなければ…状...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ⑤

この記事は「2017.8.4 at 渋谷 → 六本木 ④」の続きです。Pino☆は、彼女の肩を叩きながら声をかけた。Pino☆「こっちだよ!」女性「Pino☆くん!?よくわかったね?」Pino☆「何か飲む?」 = 「PUAは、質問に答えない」 + 「PUAは、常に主体的でなければならない」女性「レッドブルウォッカ!」Pino☆は、彼女を連れてバーカウンターへと向かった。入場する際にもらったドリンクチケットを使い、彼女のレッドブルウォッカを注文した。ド...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ④

この記事は「2017.8.4 at 渋谷→六本木 ③」の続きです。煙草を吸い終えたPino☆に対してhina☆が言った。「あれをオープンしよう」彼の目線の先には、レベル6とレベル6.5の2人組の案件がいた。彼は、すぐに2人組に対して声をかけた。hina☆がどんなオープナーを使用したのか音が煩くて聞こえなかったが、彼女達が彼に微笑んだのが確認出来た。オープン成功だ。hina☆が「兄弟ルーティン」を使用してPino☆をグループに引き入れる。彼女達...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ③

この記事は「2017.8.4 at 渋谷→六本木 ②」の続きです。最後に彼とこの場所へ来たのは、たしか3ヶ月くらい前だろうか…去年の年末は、2人で毎週のようにここに通っていたが、hina☆が諸事情によりPick Upになかなか出撃出来なくなり、Pino☆も必然的に足を運ばなくなってしまった。先週、渋谷のTKにも入場してみたが…やはり、この場所が最も好きだ。V2は、PUAにとって最高のステージであると確信している。早速、hina☆とフロアを2~3周...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷→六本木 ②

この記事は「2017.8.4 at 渋谷 ①」の続きです。六本木のドン・キホーテあたりで2人のPUAがタクシーから降りた。hina☆「腹が減ったから、飯を食えてナンパが出来るところに行こう!」Pino☆「だったら、HUBしかないな(笑)」2人のPUAは、六本木のHUBへと向かった。六本木のHUBの店内も渋谷のHUBと同じく、ターゲットプアだった。hina☆がフードを注文し、それを食べ終わるのを静かに待った。Pino☆は、昨日の朝6時から起きている。無駄...

続きを読む

2017.8.4 at 渋谷 ①

2017.8.4 at 渋谷 21:30~この日は、先週から初めた「Pick Up講習」の日だった。「講習」と言っても相手は、hina☆である。hina☆とは、去年の年末にV2で共闘した仲だ。彼は、V2において最も効果的な「ピーコックセオリー」の発案者であり、GAME☆(PUAのグループLINE)の最古のメンバーである。19時頃に仕事を終えて帰宅したPino☆は、シャワーを浴びながら歯を磨いた。いつものように髪型を念入りにセットして、修理から上がってきたば...

続きを読む

2017.7.22 at 渋谷 2 - ⑤

この記事は「2017.7.22 at 渋谷2 - ④」の続きです。Pino☆は、彼女が履いているデニムがSEXの時に脱がせづらいと判断したので「スウェットルーティン」を使用する。Pino☆「てかさ、その服じゃ、居心地悪いでしょ?このスウェットに着替えなよ!」 = 「スウェットルーティン」案件A「え、ありがとうございます。」Pino☆は、彼女の着替えが終わるまで部屋を出て待った。5分ぐらい経過した後、ドア越しに彼女に尋ねた。Pino☆「もう、着...

続きを読む

2017.7.22 at 渋谷 2 - ④

この記事は、「2017.7.22 at 渋谷 2 - ③」の続きです。案件Aに対しての戦術が決まったので、Pino☆は、なるべく彼女に対して質問をした。Pino☆「◯◯ちゃんて、いつから今の仕事をやりたいと思っていたの?」彼女が自分の仕事について語る時の横顔がとてもイキイキとしているように見えた。Pino☆は、それを見逃さなかった。Pino☆「◯◯ちゃんて素敵だよね。」案件A「え、どうしてですか?」Pino☆「そんなふうに自分の仕事について語れる...

続きを読む

2017.7.22 at 渋谷 2 - ③

この記事は、「2017.7.22 at 渋谷 2 - ②」の続きです。Pino☆は、HUBに戻り案件AとのGAMEをスタートさせる。Pino☆「お待たせ。ここだと騒がしいからあっちで飲もうよ!」案件A「はい。」4人でグループトークをした場所から移動して、横並びに座れるスペースへと移動する。まずは、ルーティンを使用する。「ESP」は、連絡先を交換する時に使用しているので…「キューブテスト」なかなかのウケだった。続いて「恋愛遍歴引き出しルーテ...

続きを読む

2017.7.22 at 渋谷 2 - ②

この記事は、「2017.7.22 at 渋谷 2-①」の続きです。Pino☆は、Airbnbを出てから、迷うことなく渋谷のHUBへと向かった。ここ最近は、アポ前のウォーミングアップとしてPick Upをしている。この日は、なかなか良い案件がいなかったので「ただ、HUBに飲みに来ている人」 = 「AFC」(Average Frustrated Chump : よくいる欲求不満の馬鹿)になっていた。待ち合わせ時刻の23時になる。先に現れたのは、案件Bだった。そのムチムチしたスタ...

続きを読む

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3240

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆
都内在住の20代。

PUC (PICK UP CLUB)主催。

PUC は、PICK UP CLUB の頭文字をとったもので、

Pino☆が主催するナンパ講習です。


全世界で大旋風を巻き起こした『THE GAME』という

アメリカ発のナンパ本の中に登場する Pickup Artist、

Mystery こと、Erik von Markovik 氏の「The Mystery Method」を基盤として、

日本でも通用するように再構築し、

「論理的で再現性の高いナンパ講習」を行っています。

Twitter:@Pino_pick_up_

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: